公開日: 2018/01/31 - 最終更新日:2018/03/12

コーヒーの出し方でイメージアップ♪

荒川友紀荒川友紀
  • シェア
  • twitter

こんにちは、荒川です。

先日、お客様にコーヒーを出そうと思ったらお盆がないことに気付き焦りました。
なんとか事なき得たのですが…
今日は来客時のコーヒーの出し方について紹介します。

 

目次

  • コーヒー出すのも接客
  • コーヒー出し方のポイント
  • まとめ

 

コーヒー出すのも接客

会社で働いていれば来客時の接客対応が大切です。
訪問してくれたお客様にサービスを提供するのはどの企業でも当たり前ですよね。
わざわざ足を運んでくれたお客様に「歓迎されている」と感じて頂くため、そして企業全体のイメメージアップにも繋がります。

今やコーヒー等のお茶出しは事務や秘書の仕事ではありません。
男性も美味しいコーヒーを淹れてスマートにお出しする。
コミュニケーションスキルのキーポイントです。
今回は基本のコーヒーの出し方をお話ししていきますのでしっかりマスターして来客時に備えましょう。

コーヒー出し方のポイント

コーヒーの出し方で大切なのは以下の点です。

コーヒーの分量はカップの7分目

コーヒーをギリギリまで入れるのはビジネスマナーでいうと「帰れ」という意味にあたいしとても失礼になります。
それに飲みづらいですよね。
コーヒーを淹れるときは量に気をつけましょう。

立場が上位の人からコーヒーを出す

来客に飲み物をだす順番としては、上位者からだし、上位者が分からなければ上座から順に出します。
来客が1人の場合は「どうぞ」と一声かけましょう。
上座、下座は基本的に出入り口から遠い席が上座となりますので意識するといいですね。

コーヒーカップ、砂糖・ミルクの置き方

お客様へコーヒーを出す時、気をつけなければいけないのがカップの向きです。
カップの持ち手の位置は、飲む人がすぐ飲めるように右側になるよう出すのがマナーです。
砂糖はソーサーの上にスプーンと揃えるように置き、ミルクはスプーンの左側か手前の空きスペースに乗せるといいでしょう。

 

まとめ

補足ですが、コーヒーの手出しは好ましくありません。必ず、お盆やトレーにのせて持っていきましょう。お盆の下に掌を広げると片手でも安定して持つことができます。応接室のドアをノックする時やドアを開けるときなど片手で持てるよう練習しておくと良いかもしれませんね。(#^.^#)

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
荒川友紀

荒川友紀

コーヒーサービス事業部 岡崎営業所


西三河を中心にお客様先が楽しくなる様に、日々営業させて頂いております。入社は20年前、キャリアとお客様に携わった数では、だれにも負けないです(笑)これもひとえに、お客様に可愛がって頂いたから今の私がいると思います。このブログでも、明日周りに話したくなるようなお得情報を載せていきます。https://www.ayumix.co.jp

関連の記事

MENU